menu

BAR72

ミズノクラブオーダーの品揃えが増えてる! Wide selection of Mizuno Club Order

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ミズノクラブオーダーの品揃えが増えてる! Wide selection of Mizuno Club Order

ミズノクラブオーダーのラインナップが急激に増加していました。気になるMP20も、MizunoPro120の刻印でオーダーできることに。これは、ちょっと、まずい。欲しくなってしまう。銅下メッキのダブルニッケルサテンにして、ディアマナサンプを選ぶと・・・8番アイアン単品で・・・なんと46,980円。こりゃないわ・・・。ふつうにDGでメッキもノーマルなら23,220円、半額以下で済みます。メッキもさることながら、やっぱりカーボンって...

 17, 2019   0
Category  アイアン
5番アイアン欲しかったけど、肘が痛い My elbow hurt when I hit 5 iron

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

5番アイアン欲しかったけど、肘が痛い My elbow hurt when I hit 5 iron

せっかく来たのに、せっかくデビューさせたのに、打ってみると、肘にくる。1球目で「あれ?」と思ったので、以降もう無理。やっぱり地面から鉄で頑張るっていうのは、もうやめておいたほうがいいんだと、なぜもっと早く気づけなかったのか。いや、気づいていたのに、またしても、痛みを忘れて、治ったと勘違いしただけ。もう、きっと治らないと思ったほうがいい。だったら、使えないなら、売ったほうがいい。最近は6番から入れてる...

 12, 2019   0
Category  アイアン
牛革のグリップマスターはちょっと微妙だった件 GRIPMASTER COWHIDE is not my favorite...

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

牛革のグリップマスターはちょっと微妙だった件 GRIPMASTER COWHIDE is not my favorite...

嫌い、というほどではありませんが、模様もいまいちなら、感触もいまいち。まだ保湿クリームを塗布していないので、もう少ししっとり柔らかくなったら、評価が変わるかも。でも、なにしろ装着したいパターが現れてこないので、当面はこのまま在庫保有かも。そういえば「your order will be ready to ship by September 6th」なiliacはその後連絡ないなぁ・・・。何かにつけセールばかりしてるから忙しくてしかたないのかも(苦笑)...

 10, 2019   0
Category  グリップ
ベティナルディのブルズアイっぽいモデル、そういえば昔あったね Sense of BETTINARDI like Bullseye

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ベティナルディのブルズアイっぽいモデル、そういえば昔あったね Sense of BETTINARDI like Bullseye

ヤフオク!に出品されているベティナルディのブルズアイっぽいシェイプを採用したピンタイプなパター・・・って、そういえば昔ありましたね。いいとこ取りを狙いながら、両方の悪いところが目立ってしまったのか、廃盤です。いまの自分の感覚だったら、もしかして上手く打てるんじゃないか?と一瞬思ってしまいましたが、どうだろう・・・ちょっと、ノリの悪そうなブサイク系ヘッド。キッチリ打ってほしいのか、それともセンスに任...

 09, 2019   0
Category  パター
フェアウェイゴルフでMP20販売開始 Start selling MP20 at Fairway Golf USA

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

フェアウェイゴルフでMP20販売開始 Start selling MP20 at Fairway Golf USA

アイアンを買い替えるならミズノにしようかと密かに思いつつ、替えたからといってスコアがよくなる予感はしていないこともあって躊躇しています。そんな中、フェアウェイゴルフUSAでMP20の販売が開始されていました。いわゆるイマドキのやさしいマッスルという売り方になろうかと思いますが、これはほぼハーフキャビティ感覚なモデルでしょうね。打ってもいないし実物見てもいないですが、見るからにやさしそうです。今のセッティ...

 08, 2019   0
Category  アイアン
クラブ6本セッティングを考え始めた Aiming to round with 6 golf clubs

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

クラブ6本セッティングを考え始めた Aiming to round with 6 golf clubs

ベティナルディの出品が終了しました。42400円で落札いただきまして、苦労してペイントした甲斐がありました。ベティは神奈川へと旅立ちます。長きにわたって部屋に複数のパターが存在していましたが、ようやくヒロマツモトG-4だけとなりまして、やっぱりエースだけが手元にあるほうが心地よい気がします。浮気ばかりしてるとパターも拗ねますしね。ついでに5番アイアンも売れない前提で出品してみてます。5本セッティングに替えた...

 08, 2019   0
Category  セッティング
メジャーを勝ち続けるPINGの系譜 Modern golf is dominated by Karsten Solheim

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

メジャーを勝ち続けるPINGの系譜 Modern golf is dominated by Karsten Solheim

この表は、メジャー大会における優勝者のパターを追いかけたものです。赤がPING、青がCAMERON、多いですねぇ、ほとんどこの2大ブランドで占められています。キャメロンは、ピンの弱点を補強して完成させるのが理念というくらいですから、ピンの意思を受け継いでいるに等しい。そう考えると、パターは、PINGタイプが基本だし、絶対なんだと、思わざるを得ない感じです。1987年から2019年まで、過去33年分のメジャー優勝を支えたパタ...

 07, 2019   2
Category  パター
気に入りそうなブルズアイがないから遊びたくなる  Have fun with playful putters

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

気に入りそうなブルズアイがないから遊びたくなる  Have fun with playful putters

ebayを眺めてると、結構たくさんの、変なパターに出会います。この青いやつなんかは、ブルズアイ・タイプだし、1回くらい使ってみたい気がしなくもない。「パープレーもできないくせにクラブにこだわってどうすんの」、な自虐的クラブってところも好き。ヒロマツモトG-4がなかったら、諦めてこういうのを手にしていたかもしれない。これ、レディース用らしいです。こんなパターでガンガン土手にぶつけてカップインさせちゃうような...

 06, 2019   0
Category  パター
ベティナルディ JAM-F カスタムペイントをヤフオク出品中 Selling Bettinardi JAM-F for auction

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ベティナルディ JAM-F カスタムペイントをヤフオク出品中 Selling Bettinardi JAM-F for auction

ブルズアイ一択でゴルフすると決めたので、ピンタイプは手放します。とはいえこのベティJAM-Fは、おそらく最も打ちやすいと感じたモデルなので、惜しい気持ちはあります。赤をやめて白いペイントにしたデザインも気に入ってます。ハニカムフェースのおかげで打感はシャープだし、音もいい、適度な重量感やストローク中に感じるトルクも、すべて好きです。ただ、ブルズアイではない、というだけの話。難しいパターで悔しいゴルフを...

 05, 2019   2
Category  パター
ベティナルディ JAM-F を好みのコスメに改造 Remodeled BETTINARDI JAM-F to my favorite cosmetics

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ベティナルディ JAM-F を好みのコスメに改造 Remodeled BETTINARDI JAM-F to my favorite cosmetics

打ちやすさの記憶がこびりついて離れなかった、ベティナルディJAM-F、ついに入手して、もしかしたら自分のエースパターになるかも!と気合いを入れてコスメ変更を施してきました。1.中古ショップで BETTINARDI JAM-F を入手2.なかなか落ちない赤いペイントの塗装剥がし3.ややオフホワイトなマニキュアで色入れ4.ベティのシャフトバンドをオリジナルで製作5.グリップをGRIPMASTERカンガルー革に交換6.トラビスマシュー...

 03, 2019   0
Category  パター
タイトリストのブルズアイでもカッコイイのは存在する In spite of Titleist, this is cool...

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

タイトリストのブルズアイでもカッコイイのは存在する In spite of Titleist, this is cool...

ブルズアイではありますが、形はそれほど趣味ではない、けど、これは素直にカッコイイ。こういうので大事なパット決められたりすると、精神的ダメージがあったりしませんか?自分はこういう古臭いパターで上手にゴルフを回る「風景」に憧れがあるせいか、心にくるものがあります。最新のクラブでいくらいいゴルフされても、別になんとも思わないですが、こういうのはヤバイです。“自分も!”と感化されてしまいます。なので、ミーリ...

 01, 2019   2
Category  パター
タイトリストの古いブルズアイ、抉った削りがいい OLD Titleist Bulls Eye Flange

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

タイトリストの古いブルズアイ、抉った削りがいい OLD Titleist Bulls Eye Flange

ebayで見かけた古いブルズアイ。JOHN REUTER Jr. の作品。 鉄を抉るような削り方がカッコイイので欲しくなったけど、フランジの形状が絶対に受け入れられないと想像できて、踏みとどまってます。でも安いから、試すだけ試してみてもいいじゃないかと、衝動買いを促すもう一人の自分。ebayって、ウォッチリストに入れておくと、出品者が値下げオファーしてくることがあるので、もし来たらDONEしてしまいそう。May not ship to JAPAN...

 01, 2019   0
Category  パター
このグリップマスターは、2度と手に入らないであろう Kid Leather の代わりになれるか? The Grip Master Cowhide Laced Putter Grip

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

このグリップマスターは、2度と手に入らないであろう Kid Leather の代わりになれるか? The Grip Master Cowhide Laced Putter Grip

この、山羊革のグリップマスターが好きすぎて、これがボロボロになったらどうしたらいいんだろう・・・と、ヘッドよりもグリップが気になって眠れません。ってくらいの、愛着。カンガルー革でもいいんだけど、素材が繊細すぎて、打ち方までシルキーになってしまうことがあるので、いわゆる革っぽい革、のほうがいいんだけど、この山羊革、たぶんプロトタイプで市販はされていないのではないかと。でも諦めきれず、ときどきebayを徘...

 31, 2019   0
Category  グリップ
Golfgearsさんのミルズ・スコットホークが渋カッコよすぎた話 T.P.Mills Heritage Scott Hoch Model

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

Golfgearsさんのミルズ・スコットホークが渋カッコよすぎた話 T.P.Mills Heritage Scott Hoch Model

ミルズ関連の記事でいつもお世話になっているGolfgearsさんが、「ヘッド重量、オフセット、フランジの狭さなどから、かなり好みのミルズだと思うので試打どうぞ!」と、送っていただいたTPミルズのスコットホーク・モデル。そうそう手に入らない貴重な1本を試せる機会、これは嬉しい。Golfgearsさん、ありがとうございます。もともとはブラックフィニッシュだったミルズを、KITADA GOLF DESIGNさんで銅燻しメッキを施されたらしく...

 30, 2019   4
Category  パター
ベティナルディ JAM-F にオリジナルのシャフトバンド装着で、あとはヘッドカバー待ち Bettinardi JAM-F is ready for resale soon

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ベティナルディ JAM-F にオリジナルのシャフトバンド装着で、あとはヘッドカバー待ち Bettinardi JAM-F is ready for resale soon

ベティナルディJAM-Fの星条旗っぽいシャフトバンドが気に入らなくて、勝手に制作して貼り付けたところです。トラビスマシューのヘッドカバーはまだまだ時間かかりそう。ひとまず自分好みのコスメに変更してみたものの、いま手元にある、このJAM-Fと、Golfgearsさんからお借りしたミルズと、結婚して1年数ヵ月のヒロマツモトG-4、これらを幾度も打ち比べているうちに、実はベティの“重さ”が気になり始めました。総重量529gなので、...

 29, 2019   2
Category  パター
ブラックヘッドなMP14×DGS300が500ドルから Blackhead MP14 starts at $ 500

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ブラックヘッドなMP14×DGS300が500ドルから Blackhead MP14 starts at $ 500

MP14とはまたクラシックなブレードアイアンですが、真っ黒にメッキして、スパイン調整もしたDGS300で、500ドルからのオークション。5年前だったら入札してたかも。まだまだ結構キレイで、しかも3i~PWの硬派なセット。昔の薄っぺらなアイアンってカッコイイですね・・・ホーゼルも長いし。手元のBUCHI201はホーゼル短くてそのぶん肉厚だし、もう2度とミズノのこんなアスリートなアイアンは打てないだろうなぁ・・・悲しいけど。10...

 28, 2019   0
Category  アイアン
ミルズ、ベティ、ヒロマツモト比較試打でエースパター決定戦 Ace Putter Championship

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ミルズ、ベティ、ヒロマツモト比較試打でエースパター決定戦 Ace Putter Championship

TPミルズ×BUCHI、ベティナルディ、ヒロマツモト、それにオマケのティアドロップの4本を比較試打して、どれがエースパターとして生き残るか選手権、既に半分脱落状態ですが、せっかくなので記念写真を残しておきます。意外とオフセットの大きなミルズ×BUCHIが安定感を示してくれたのですが、ヒロマツモトのシンプル・ブレードの構えやすさには、結局叶わず。ぜんぶGRIPMASTERを挿してありますが、KID LEATHERはヒロマツモトのみ。そ...

 28, 2019   0
Category  パター
2019夏のクラブセッティングは部屋に引き籠ったまま The summer 2019 club setting will not debut

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

2019夏のクラブセッティングは部屋に引き籠ったまま The summer 2019 club setting will not debut

5本から7本に増えて、隙がないセッティングになった!と思ってるんだけど、それを実践で試すことなく夏が終わります。最近パターとウェッジばかりいじっていたので、ウッド類をワッグルしたのなんて久しぶり。ドライバーって、こんなに長かったっけ・・・ユーティリティってこんなに重かったっけ・・・ずっと部屋で裸足のままアドレスしてるから、外で靴履いたらヘッドが遠くなってトップばかりしてしまいそう。新しい道具と古い記...

 27, 2019   0
Category  セッティング
BETTINARDI Reserve JAM-F ベティの赤を白に塗り替えた change BETTINARDI red to white

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BETTINARDI Reserve JAM-F ベティの赤を白に塗り替えた change BETTINARDI red to white

「これ打ちやすいな~」、ずっと思い続けていたベティナルディのJAM-Fを、やっと中古入手。黒いヘッド黒いシャフト黒いグリップで挿し色が赤という、ちょっと気合い入りすぎなカラーリングなので、買ったら塗り替えようと、以前から思っていました。で、白へ。バックフェースも、そんなに赤主張しなくてもいいのに・・・で、白。かつ、枠のみへ。おおお、好みの感じに仕上がりました。正直、ペイントが落ちにくくてたいへんだった...

 26, 2019   2
Category  パター
TPミルズの呪いがどうしても解けない I can't forget the good score at TP Mills

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

TPミルズの呪いがどうしても解けない I can't forget the good score at TP Mills

T.P.Millsソフトテイルって、ベストスコアを出した時のパターだから、どんなにもういらないと思っても、気になってしまうんですよね。ebayをフラついていると、つい、目に入ってきてしまう。安いし。ダブルのミーリングもなんだかいい感じですが、それより色味が好き。300ドル以内だったら、手にしてみたくなってしまう、なんという値付け。1Bid入っているので、どこまで競うことになるかわかりませんが・・・ハンドメイドスタンプ...

 25, 2019   5
Category  パター
BUCHI PROTO ウェッジLily #2 銅燻メッキの変色観察日記 Calm copper plating feels soft

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BUCHI PROTO ウェッジLily #2 銅燻メッキの変色観察日記 Calm copper plating feels soft

ただの記録です。納品からおよそ1ヵ月、BUCHIプロトウェッジの2代目Lilyがだいぶ渋い色になってきました。思ったよりも変色(酸化)に時間がかかるものなんですね。最初の頃は↑こんな感じ(左)でしたが、今では↓こう。打感柔らかそうな雰囲気が増しました。あと、最初はバシレウス・シャフトのコスメが気に入らなかったのですが、だんだんどうでも良くなってきました。そんなことより、早く打ちたい。納品から1ヵ月、ただ部屋に置...

 25, 2019   0
Category  ウェッジ
Mizuno Pro 120 = MP20 は硬派か軟派か MP20, MizunoPro120 are looks hard but the contents are easy

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

Mizuno Pro 120 = MP20 は硬派か軟派か MP20, MizunoPro120 are looks hard but the contents are easy

ミズノがますますミズノらしさを捨てる方向へ舵を切っています。まるでトヨタ・ソアラがユーザーの加齢に合わせてデザインを変えていったように、ハードだからこそ憧れていたミズノが、衰えたカラダでも使いこなせるように・・・進化。ミズノなのにやさしい背伸びしてミス多発するくらいなら、見た目だけカッコよくて、中身はお助けクラブであってほしい、というのが多くのユーザーのホンネだったのか。それとも、自在に曲げられる...

 23, 2019   2
Category  アイアン
ベティナルディの仲間入りなるか Eddie, are you BETTINARDI too?

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ベティナルディの仲間入りなるか Eddie, are you BETTINARDI too?

キャメロンも、ミルズも、ケビンも、ゲージも、ヒロマツモトも、オデッセイも、ピンも、いろいろ、本当にいろいろ試してきて、いまだにしっくりこないというのは、どういうことなんでしょうね。ヒロマツモトG-4は別格といいますか、とても気楽にアドレスできるのが気に入っていたのですが、今年はパットに欲が出てきたのか、やっぱりちゃんと打とうとすると難しいんだな、ということに気づいてしまい、カップに届かないような情け...

 22, 2019   0
Category  パター
T.P.ミルズ×BUCHIもテスト出品してみた Test exhibition of double name putter of mills and BUCHI

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

T.P.ミルズ×BUCHIもテスト出品してみた Test exhibition of double name putter of mills and BUCHI

まだ売れないで!という気持ちを込めての出品なんて初めて(笑)決断できないので、まずはテスト出品してみようと・・・値付けも難しいし、まだまだ練習したら自分でもピンタイプが使えるようになるかもとの期待も仄かに・・・うーん、売れたら売れたでいいけど、売れないでいてkる得たほうがいいのか、、、本当に判断がつきません。気に入ってくれる方がいらっしゃれば、ぜひ可愛がってあげてください。自分はどのパターにしても...

 18, 2019   0
Category  パター
GRIPMASTERのプロトタイプ 牛革セイウチ模様のゴールドを出品 Gold GRIPMASTER is on sale at Yahoo! Auctions

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

GRIPMASTERのプロトタイプ 牛革セイウチ模様のゴールドを出品 Gold GRIPMASTER is on sale at Yahoo! Auctions

ティアドロップ・パターの出品ついでに、GRIPMASTERのプロトタイプ(ゴールド)も出品。こちらも果たして売れるかどうか・・・。牛革なんですが、セイウチ革風にプリントされていて、稀少なゴールド。縁起を担ぐ向きにはいいのかも。自分は最近クラシックな雰囲気が好みなので、使いことはないと判断して、出品。これはいわばプロトタイプで、市販されていません。“金”を纏いたい方、どうかご落札を。...

 18, 2019   0
Category  グリップ
ティアドロップTD410をヤフオク出品 Teardrop TD410 is on sale at Yahoo! Auctions

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ティアドロップTD410をヤフオク出品 Teardrop TD410 is on sale at Yahoo! Auctions

結局、売ることにしました。売れないかもですが。グリップ装着したばかりですが、やっぱり、ヒロマツモトG-4のほうが慣れてるせいか扱いやすい。感触はとっても似てるんですけどね。たぶん、オフセットのわずかな違いのせいかも。心の中では、Mills×BUCHIも手放そうかと思ってます。ヒロマツモトは…まだ踏ん切りがつきません。ピンタイプのフローネックで1/2オフセットのものを手に入れて比較してみたい。渋野日向子のパッティング...

 18, 2019   0
Category  パター
グリップ交換して1700円のパターがエース候補に浮上 Changing the grip changes the putter

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

グリップ交換して1700円のパターがエース候補に浮上 Changing the grip changes the putter

夏バテの身にありがたい、奥多摩・御岳 “のしこん” です。柚子の黄色が爽やか。わざわざ行くのが楽しみだったのに、今年からネット注文もできるようになって、ついつい取寄せで済ませてしまう。『お取り寄せ』って嫌いじゃないけど、その地に訪れてこその美味しさは絶対に味わえない。どうしてなんでしょうね。さて、部屋に転がっているパターが3本ありまして、ヒロマツモトG-4とMills×BUCHIは交互に打ち比べて、どっちをエースに...

 17, 2019   0
Category  パター
クラブ7本セッティング(仮)のデビューはまだまだ先 Round with 7 clubs from autumn

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

クラブ7本セッティング(仮)のデビューはまだまだ先 Round with 7 clubs from autumn

クラブ5本セッティングから、クラブ7本セッティングへ、パターをヒロマツモトG-4にするかMills×BUCHIにするか問題は先送りにするとして、まずは2本増やす作業が完了しました。こうしてみると、7本は“万全感”に溢れますね。5本でラウンドしてからというもの、感覚がおかしくなっていて、7本もあるとクラブに頼りすぎててカッコワルイなと思ってしまう。つい先ほど、FUSO森さんに組んでもらったBUCHI VS200 #5、ディアマナサンプを挿...

 15, 2019   0
Category  セッティング
ラジョシ・パターのカスタムが結構自由度高い Lajosi and Benock reappear in interesting putters

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ラジョシ・パターのカスタムが結構自由度高い Lajosi and Benock reappear in interesting putters

以前、Lajosiのパターが気になって、オーダーメイドしようかとラジョシ氏にメールした経緯がありましたが、シェイプの好みが絶対ではないことから、最終的に諦めていました。最近、サイトリニューアルされていて、以前はメールでのやり取りだったオーダーメイドが、サイト上で簡易にスペックを指定できるようになっていました。オフセットが選べないのはちょっと・・・だけど、言えば好みに作ってくれることは前回確認済み。ここの...

 14, 2019   0
Category  パター
手で触ると変色する(黒ずむ)銅燻メッキ Copper plating that darkens when touched by hand

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

手で触ると変色する(黒ずむ)銅燻メッキ Copper plating that darkens when touched by hand

読むほうも書くほうも飽き飽きな、銅燻メッキの経過観察です。もっと黒ずんでほしいと思い、TV観ながら触っていたら、ちょっと変化がでました。でも、写真の撮り方、背景色、レースカーテンを開けるか開けないかでも写りって違うものなんですね。今年のお盆期間は東京も地方も適度に混んでて暑くて逃げ場がない感じ。子供がハマってる『あな番』をHuluで流し観て暇つぶし。このドラマ、怪しい人だらけだし、描写がちゃんとしてるの...

 12, 2019   0
Category  パター
銅を燻した風のメッキを纏ったパター、完成から2週間。 The tanned copper plating changed color in two weeks and became bluish

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

銅を燻した風のメッキを纏ったパター、完成から2週間。 The tanned copper plating changed color in two weeks and became bluish

約2週間前に完成した際の写真を見ると、銅の初々しさが懐かしいです。いまではすっかり汚らしい10円玉な雰囲気ですが、しかし、光の当たり方によって違った顔を見せます。これが燻しメッキの効果なのか、銅を使えばこうなるのかは、わかりません。一言でいうと、青みがかった輝きを滲ませます。でも、光が当たらないと、完全なる銅色。茶色と言っていい。金属の輝きって、不思議ですね。あと、なんの痕かわからないけど、2本線が入...

 10, 2019   2
Category  パター
ミルズとブチのコラボ・パター完成 Collaboration putter by American T.P.Mills and Japanese BUCHI is cool with a classic atmosphere

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ミルズとブチのコラボ・パター完成 Collaboration putter by American T.P.Mills and Japanese BUCHI is cool with a classic atmosphere

東京駅は最も利用する駅なのですが、大丸に寄った際によく買って帰るのが『イワシの干物』。1尾300円。肉の脂身・サシはもう辟易なんですが、魚ならば食べられる。大トロはちょっとしんどいけど、中トロならまだイケる。このイワシは脂の出方がとんでもなくてエグイほどの旨味。お米、味噌汁、イワシの干物、お新香。晩御飯ですらこれでいい、これがいい。さて、ご飯食べて、とにかく、暑い。ので、ダラっと部屋で作業。姫路でのヘ...

 10, 2019   2
Category  パター
スコッティ・キャメロン・ブルズアイの誘惑 Scotty Cameron Bullseye Blade captivates me

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

スコッティ・キャメロン・ブルズアイの誘惑 Scotty Cameron Bullseye Blade captivates me

ブルズアイって横から見るとカッコよくて、こういうのでショートパットをガンガン入れてくるパッティングに憧れがあるのですが、フランジがないタイプは、スランプに陥ったときにとっても不安抱えることになるんですよね。やっぱり『フェースの向きが全て』みたいな感覚が襲ってきて、ヘッドが開いたり返ったりを、ものすごく気にしてしまう。ショートパットでの信頼感と、ロングパットでの不信感の、両方の記憶が同じくらいの大き...

 07, 2019   0
Category  パター
BUCHI PROTO ウェッジ Lily2 銅燻メッキがやっと黒ずみ始めた Smoked plating began to darken

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BUCHI PROTO ウェッジ Lily2 銅燻メッキがやっと黒ずみ始めた Smoked plating began to darken

やっと“燻し”らしい色合いに変化してきました。BUCHIプロト・ウェッジの銅燻しメッキに、もっと黒味を帯びてほしいのですが、どうやらここからは相当時間がかかるようです。部分的に黒かったり、ぜんぜんその気配がなかったり、バラバラ。いま一番中途半端な状態かも。これがいいという見方もあるけど。ベビーオイルを塗布すると比較的クッキリ見えてきます。トップブレードも、箇所によってこれだけの違い、ムラがあります。この...

 04, 2019   0
Category  ウェッジ
TPミルズの欲しいけど惜しいパター TP MILLS COMP ONE DM

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

TPミルズの欲しいけど惜しいパター TP MILLS COMP ONE DM

久しぶりにebayでミルズのパターを探していたら、こういうのもあるんですね。なんだかバイロンデザインっぽい。Mills×BUCHIが手元になかったら買ってしまったかもなシェイプ(ONE)ですが、1030カーボンにミーリングしちゃうと、柔らかすぎないのかなぁ・・・という心配がなくもない。やっぱりバイロンっぽい。オフセット1/2らしく、トゥハングも5時だという、そういう好みに近いスペック見せられてしまうと、すごく悩む・・・。で...

 02, 2019   5
Category  パター
IOMIC Sticky2.3 ハードフィーリング プラチナムグレーは

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

IOMIC Sticky2.3 ハードフィーリング プラチナムグレーは"灰色" IOMIC says platinum gray, but just gray

IOMICから早速グリップが到着しました。すばやい対応、いい会社ですね。プラチナムグレーってなってるけど、これ、ただの灰色、鼠色だよね、と。さっそく装着。ヘッドとシャフトの色の流れに違和感を与えないためには、グリップ(の色)はこれしかなかった。相変わらずヘッドの銅色はどんどん見慣れた10円玉色へ。そろそろ色変化を眺めているだけっていうのに飽きてきました。グリップも決まったし、これ以上いじることはないので...

 02, 2019   0
Category  グリップ
IOMICのネットショップが使いやすくなっていた Internet store of IOMIC became easy to use

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

IOMICのネットショップが使いやすくなっていた Internet store of IOMIC became easy to use

いろんなグリップを試してきましたが、もう何年もずっと、低トルクなのにソフトなフィーリングを実現しているIOMICに惚れています。いつもだいたいteeoliveだったり、golfhandsだったり、amazonだったり、ネットショップで手に入れるのですが、IOMICも独自にネットショップを構えています。ただ、10本~で、定価販売、となるとなかなか使う気にはなれなかったのですが、久しぶりに覗いてみたら、1本~ になっていました!定価は仕...

 01, 2019   0
Category  グリップ
BUCHI カスタムオーダーウェッジ5本の顔を比較 Compare the

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BUCHI カスタムオーダーウェッジ5本の顔を比較 Compare the "faces" of five BUCHI wedges

そういえばこんな写真がありました。今回の53度を追加しておきます。すべてBUCHIウェッジです。以前の53度とはまったく異なるシェイプ。丸顔でよろしく!とオーダーした57度に近づいた感じ。懐かしい。手書きで、あーしたい、こーしたい、を書いて送って、初代LILYよりもバウンスを多めにしてほしい、ヒール寄りにウェイトもってきてほしい、という願いは達成された模様。このバウンスで、あの名物バンカーは出るのか?ぜひ試して...

 31, 2019   0
Category  ウェッジ
ウッドは諦めたけど、鉄は日本の姫路産で。 Iron is the best from Himeji in Japan

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ウッドは諦めたけど、鉄は日本の姫路産で。 Iron is the best from Himeji in Japan

世界に情報発信できる時代になりました。翻訳ソフトの開発スピードは思ったよりもずっと遅いけど、それでも、だいぶ進んできました。このブログは日本語で発信しているわけですが、Googleにお願いすれば英語にもスウェーデン語にもスワヒリ語にもなる、、、のかな、なるんでしょうね、そういう時代です。海外にいる日本人が見ているのか、外国人が日本のゴルフ記事に興味があって読んでいるのかわかりませんが、海外からのアクセス...

 30, 2019   0
Category  セッティング
BUCHI PROTO LILY #2 姫路の研磨師:田淵正敏氏によるカスタムオーダーウェッジ

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

BUCHI PROTO LILY #2 姫路の研磨師:田淵正敏氏によるカスタムオーダーウェッジ

BUCHIにお願いした2代目リリィ・ウェッジが出来上がりました。ロフト53度、ヘッド重量300gバシレウス Basiléus BTi R100 元調子 98.5g トルク1.5長さ35インチ、バランスD0、銅燻しメッキグリップがまだ決まっていないので総重量は計っていません。銅燻しメッキは緩やかに変色していくらしいので、落ち着くまでは色入れもせず放置します。田淵さんにお任せしているので、初代LILYilyと2代目LILYの違いは正確にはわかりません。が、...

 30, 2019   4
Category  ウェッジ
T.P.MillsをBUCHIが研磨したダブルネームなパターが納品された

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

T.P.MillsをBUCHIが研磨したダブルネームなパターが納品された

大丸FUSO森さんにお願いして、T.P.ミルズのパターヘッドをBUCHI田淵正敏さんにもう少しスリムに(重量ダウン)研磨してもらい、田淵さんお薦めの『燻(いぶし)』メッキを施したヘッドが完成しました。377.1gあった重量級ヘッド(中尺とか長尺用?)を、340g台に落としてほしいというオーダーに、346.5gになりました。メッキ誤差はせいぜい1~2g程度だと思いますので、30gほど研磨してくれた計算。ちなみに接着部分がテーパーにな...

 29, 2019   2
Category  パター
パターシャフトの悩みを(過去の)倉木氏が解決してくれた

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

パターシャフトの悩みを(過去の)倉木氏が解決してくれた

パターシャフトで悩んでいるところですが、そういえば、何かコメント残してるかな?と、倉木氏のサイトで検索してみたら、カーボンの特性について記事がありました。さすが、回答は一刀両断系です。カーボンの方が「打感が柔らかい」と感じる振動をします。要はフィーリングが異なりますので好みで選択すれば良いと考えます。カーボンにしたから弾きが良くなって転がりが伸びるようになるとかそのような現象は起きません。パッティ...

 26, 2019   4
Category  シャフト
パター用カーボンシャフト “マスダゴルフ TOURPROTO 3004” が気になる

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

パター用カーボンシャフト “マスダゴルフ TOURPROTO 3004” が気になる

重いのに、軽く感じるような操作感。硬いのに、しなやかなしなりを感じる挙動。近年どんどん重くなってきたヘッドに対応して開発したパター用カーボンシャフトです。4軸カーボンシートをフルレングス使用し、トルクをしっかり抑えた上で適度に軟らかく設定しています。その結果、始動のタイミングがスムーズになり、インパクトではしなり戻しによって緩まず打ちぬくことが出来るので、ショートするミスが格段に減らせるシャフトで...

 25, 2019   6
Category  シャフト
VOKEY SM7 58.12D カスタムグラインド

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

VOKEY SM7 58.12D カスタムグラインド

VOKEYは同じSM7でも、グラインドの違いで、DとかKとかMとかVとか、いろいろあるのですが、それぞれでロフト等のバリエーションが異なるので、欲しいグラインドと、欲しいロフト・バンスの組み合わせがうまく見つかるかどうか。ソールやバックフェースのデザインとしてはこの58.12Dが好みでして、(写真右はロブですが)、ロフトを1度立てて、57.11にしたらなんだか心地よい響きになるといいますか、寝すぎていない&バンスありす...

 24, 2019   0
Category  ウェッジ
悪くないけど良くもない。現状クラブセッティングへの不安・不満 【2019年7月】

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

悪くないけど良くもない。現状クラブセッティングへの不安・不満 【2019年7月】

いま手元にある6本のクラブ。これにオーダー中の5番アイアンが加わって、ウェッジとパターを新しいものに入れ替えての7本セッティングになる予定ですが、本当はウェッジを2本にして、9i(43度)、GW(50度)、SW(57度)、の7度ピッチにしたい気持ちが、なくはない。ロフトを1度立てたまだ見ぬ新ウェッジLilyが、もしももしも気に入らなかったら、50度と57度のVOKEYをオーダーしようかな、とか・・・。いろいろと変更を加える前に...

 24, 2019   2
Category  セッティング
【MP20】 ミズノがブラインドテストで銅下メッキの打感にお墨付きを与えた話

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

【MP20】 ミズノがブラインドテストで銅下メッキの打感にお墨付きを与えた話

思いっきり銅色のこのアイアン、ミズノの新しいMP20の、メッキを1つ剥いた状態のものです。剥いたというより、仕上げをしていないというべきか。自分が初めて銅下メッキを試したのは三浦技研のCB-1006でした。しかし、何がいけなかったのか、その打感は、ミズノが100点ならCB1006は50点。このときの打感の記憶が手に残っているうちは、お金かけてわざわざ銅下メッキを選ぶ理由はないなと思っていたのですが、今回、MP20をリリース...

 24, 2019   4
Category  アイアン
【地クラブ考察】 “ナショナルブランドより地クラブのほうが飛ぶ”は幻想

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

【地クラブ考察】 “ナショナルブランドより地クラブのほうが飛ぶ”は幻想

自分が初めて地クラブに手を出したのは、2011年のこと。当時、ネットで「jBEAMが飛ぶ!」と噂になっていて、NGSのマッハラインが凄いともてはやされていました。また、「メーカー純正シャフトにはロクなものがない」というのが定説で、リシャフト文化が浸透し始めていた頃だったように思います。最初に手を出したjBEAM FX425B は、NGSのD-REV ICN TOURがよかったのか、それともやっぱりヘッドが良かったのか、あるいは初めて自分に...

 23, 2019   2
Category  ドライバー
ディアマナ Diamana ZF 40X の試打感想。これは飛ぶ、条件付きだけど。

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ディアマナ Diamana ZF 40X の試打感想。これは飛ぶ、条件付きだけど。

ようやく練習に行きました。いつも通り、KAがJPを乗せてウチまで来てロッテへ。テーラーメイド580(PROTOTYPE)に、ディアマナ ZF40Xを挿したJP用ドライバー最終兵器を連れて。ただ、バランスD6でやっぱりズシッとくるなぁ・・・不安。着いてすぐJP打ちまくるも・・・・・・・飛ばない。扱いにくそう。変わって自分も打ってみると、やっぱりヘッドが効きすぎて、トルク大なシャフトらしく、捻じれる感触がスゴイ。ヘッドをローリン...

 21, 2019   0
Category  ドライバー
【ヘヴンウッド×バシレウスPROTO】 自分には合わないけど絶対いいクラブ、だと思う。

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

【ヘヴンウッド×バシレウスPROTO】 自分には合わないけど絶対いいクラブ、だと思う。

1並びで落札終了のヘヴンウッド4H×バシレウスPROTOTYPE、古いヘッドに特殊とはいえバシレウスSPADA2(55S)な思いきり中古試打クラブな組み合わせは、この値段が限界の様子。ほぼ仕入値に等しいので、リシャフト工賃負けしてます・・・。やむなし。発送作業しながら最後のワッグルをしてみましたが、ほんと、バランスの良い優れたクラブに仕上がっています。ヘッドスピード42m/sくらいのゴルファーには最高の1本だと思います。埼玉...

 16, 2019   0
Category  ユーティリティ
ディアマナDFとZFのコスメ比較

See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

ディアマナDFとZFのコスメ比較

第4世代のディアマナシャフト“○F”シリーズは、BF、DF、RF、ときて、最後はZFの4種類。ものすごくザックリ言うと、DF>ZF>BF>RF の順にブッ叩いて飛ばす!ガツン系。とはいえ、今回JP用に装着したのは40X。51.5g、トルク5.6と、数値上はとっても軽いRかAみたいな、これをXと呼んでいいのか?と思ったら、45インチ仕上げで259cpm、D6だからヘッドも重いはずなので、やっぱりこのシャフト、結構硬いほうかも。また黒!?というコメ...

 16, 2019   0
Category  シャフト